まさこおばちゃんの新聞エコバッグ作り方講座


坂上政子(服飾デザイナー歴35年)が作り上げる新聞エコバッグは、かばんの作り方の全てのエッセンスが注ぎ込まれています。

まさこおばちゃんの新聞エコバッグ関連サイトへ

新聞エコバッグブログ 織舞ネットショップ
トップページ >>> 日常生活の中でこんな風に使います

新聞エコバッグを日常生活の中でこんな風につかってます

新聞エコバッグの活用方法 新聞エコバッグは、日常生活の中でとっても役に立つはずです。
なぜなら、手軽に作れて、手軽に使えて、手軽に捨てられるからです。

  • 慣れれば1個の製作時間は驚きの5~10分間と短時間。
  • 時間がある時に作り置きをしておけば、いつでもすぐに使える。
  • 腐ったりするものじゃないので保存方法に気を使わなくてよい。
  • とっても頑丈だから、重たいものでも平気で入れられる。
  • 破けてしまっても実質コスト0円だから気にしなくてもいい。
  • 新聞紙でできているから捨てるのもとっても簡単。

だから、家族み~んなで気軽に使えるところがうれしいですね。
お父さんには、お昼のお弁当入れに使ってもらおう。お母さんには、スーパーのお買い物袋がイチバンおすすめ。 お兄ちゃんには、部活の道具入れとして使ってもらい。小さいもの大好きなお姉ちゃんには、小物入れとして。 おじいちゃんには、趣味の道具入れがいいかな。おばあちゃんには、おでかけカバンにプラスお洒落な新聞エコバッグ

お父さんのお弁当入れに新聞エコバッグ

とある家族の方は、写真のようにお父さんのお弁当入れにしているみたいです。 使ってみた感想を聞いたら、意外と頑丈で長持ち。一ヶ月くらいはへっちゃらだったそうです。 ただ、失敗もあったみたいです。お弁当から汁がこぼれてしまって、新聞エコバッグが台無しになっちゃったのだとか。 布なら洗えば使えるけど、新聞エコバッグは紙で出来ているから洗えないのが残念だったそうです。 そして、もうひとつ残念な事があったそうです。その新聞エコバッグのデザインが金髪の足の長いモデルさんだったそうです。 お父さん残念でしたー。笑 そのうちきれいなお姉さんのモデル写真の新聞が出てきますから、それまで我慢してくださいね。

また別の家族の家では、古新聞入れにしているそうです。毎日毎日、排出され、積み重なって溜まっていく重たい古新聞達。 本当になんにも役に立つことがありません。という話も、新聞エコバッグに出会う前までのお話。 今は、新聞エコバッグのおかげで、新聞の管理がとってもカンタンに楽しくなったそうですよ。

古新聞入れに新聞エコバッグ

古新聞というは家の片隅にどんどん積み重なっていき、回収日までほとんど触ることのないデッドスペースで保管されています。 しかし、新聞エコバッグで、古新聞入れを作ってみたところ、面白いのなんの。なぜなら、とってもオシャレなデザインの古新聞入れが作れちゃうから。 今では、古新聞の保管場所がリビングに定着しちゃったそうです。友達が来たとき用に、わざと目につくところに置いておくんだとか。 そしたら、お友達が「いいな~」なんてうらやましがるそうです。そのうらやましがる光景を見たいが為にリビングに置くなんて、なかなかのやり手です。笑
でも、この新聞エコバッグに出会ってからは、古新聞が溜まる速度がスローダウンしたそうです。そして、今では、ぜんぜん足りなくなって近所の家までもらいに行く始末…。 この人、本物ですよ…。笑
見かねた近所のお友達は、自分の家の新聞を廃品回収のつもりで、その人のお宅にわざわざ届けているそうです。 で、その人の話では、「今まで、こんなにも古新聞を愛している人を見たことがない。だから、私のでよければ使ってください。」と語っておられました。 なんだかしみじみくとくるお話でした。

そばシフォンケーキの包装用に新聞エコバッグ

ところで、 まさこおばちゃんはイチバン何に使っているかと言いますと…、自営のおそば屋さんで販売している「そばシフォンケーキ」の包装用に使っています。この「そばシフォンケーキ」が大人気で、そばの香りがほんわかと良い香りを出しておいしいのです。と、ちょっぴりコマーシャルを入れさせてもらいました。一度食べてみたい方は、ご連絡をください。ネットショップから買うこともできますよ。

で、新聞エコバッグのお客様の反応ですけど、み~んな「目ん玉」を点にして質問してきます。
「これ、新聞紙で作ってあるんですか??? すごーっぃ。」
なんだか、勝ち誇った気分に浸れる瞬間です。笑
ある常連のお客様は、こんなことを言われました。
「今日はどんな包装か楽しみに来ました。」なんて言ってくれました。
そして、この包装用に使っている新聞エコバッグだけを、「そばシフォンケーキ」とは別に売ってほしい、というお客さまもいらっしゃいました。
もう、毎日がうれしくて楽しくてなりませんっ♪

様々な新聞エコバッグの使い方がありました。千差万別、人間の数だけの使い方があります。 あなたにピッタリの使い方がきっと見つかります。他にも違った使い方できるので、どんどん紹介していきたいと思います。

新聞エコバッグに関する各種お問い合わせはこちらまでどうぞ

お問合わせフォーム ←クリック
Tel:076-465-3200 Fax:076-465-3200
e-Mail:hotaru@festa.ocn.ne.jp
〒939-2712 富山県富山市婦中町塚原141-1 (※拡大地図はこちらをクリック!!)